FIT杉並会へようこそ!

ペットボトルを使ったトラップで、約8万匹のカシノナガキクイムシを捕獲!  2022/06/25撮影

おねがい

間違いを見つけられた方はお問い合わせのページからお知らせ下さい。なお、ご意見や投稿もお待ちしております。


What's New 

日付 タ イ ト ル 摘   要
6月25日 6月定例活動 自然林希少種保護、カシナガ回収、観察の森整備等
6月4日 善福寺川周辺ページ カルガモ親子とオオタカの写真です
6月4日 6月臨時活動 カシナガトラップ設置と今年の整備方針
5月28日 5月定例活動 枯枝落下危険エリア表示・チャノキ強剪定を実施
5月7日 5月イベント 観察の森で茶摘み センターで釜炒り茶制作

6月の定例活動の報告です                                      2022/6/25


カルガモの親子 オオタカの写真(田口さんからの投稿です)

                                                                 2022/06/04

写真をクリックすると(善福寺川周辺のページに移動)もっと見られます



茶摘み・釜炒り茶作りの報告です new!                        2022/5/7


木の枝やヒノキの実、公園の剪定枝、木片などを使ったクラフト教室を開催しました new! 2022/4/24


済美山自然林調査結果(速報)について、位置図を掲載しました。              2021/10/9


秋の様子を送ります                                  2021/9/30


夏の様子を送ります                                  2021/8/30


キンラン、ギンランの花が咲いています                                       2021/04/18

済美山自然林と観察の森では、キンラン、ギンラン、ササバギンランが毎年春に花を咲かせています。これらのランは、成⾧に必要な養分を光合成のほか菌根菌を利用して他の植物から補っている半寄生植物で、樹木の根と共生する菌根菌を必要とするので他の場所に移植しても育てることはとても難しい植物です。  希少植物 盗掘NO!

ダウンロード
済美山自然林&観察の森で見られるキンランの仲間、キンラン、ギンラン、ササバギンランについての詳しい説明はPDFファイルをご覧ください。
済美山キンラン仲間.pdf
PDFファイル 944.6 KB

「読者の投稿」ページに「野鳥の写真」を追加しました                   2021/04/01



冬(2020-2021年2月)の森の様子です                                               2021/03/05


善福寺川周辺の植物も春のように華やかさはありませんが、様子が少しずつかわってきました。

夏になって目立つのはトンボやチョウなどの昆虫類が目立つことでしょうか。

2020/08/30


新しいページ「クラフト作品」をつくりました 出来たてなので数は少ないです

今後もっと増やしていきます                                                                                 2020/05/07


2020年12月26日(土)に実施した和田堀公園での野鳥観察会をその他の活動「観察会」のページにアップしました

2020/12/29



オオアレチノギク 2020/8/30
オオアレチノギク 2020/8/30
ヒメムカシヨモギ 2020/8/30
ヒメムカシヨモギ 2020/8/30

オオアレチノギクとヒメムカシヨモギの自分流同定術

オオアレチノギクとヒメムカシヨモギの2種の同定は昔からよく話題になっています。むずかしいというよりはどこにでも生えていて取り立てて気にしていないので中々覚えられないといったところでしょうか。そこで改めて両者を比べてみました。見分け方はいろいろネットにのっていますが、自分が覚えやすいものが一番です。和田堀公園ではオオアレチノギクはヒメムカシヨモギより3週間くらい早く生えてくるように思います。私なりの簡単同定法は花序の形の違いです。オオアレチノギク横幅の狭いきれいな円錐花序、ヒメムカシヨモギは横幅が長さに比して大きい、5角形に近く上部が平になる散房花序風になるのが特徴です。これで8~9割方当たります。



朝の散歩でオオタカの雛を間近で観ました

2019年7月9日午前620分頃です。(田口さんからのレポートです)

 

善福寺川緑地にオオタカが棲んでいます


天然秋田杉の丸太

 

秋田県に赴任され活躍中のFIT杉並会のメンバーからのレポートです。

 

左の写真は

職場近くの木材市場に出品された天然秋田杉の丸太です。樹齢は300年以上あったようです。

天井板や天板、桶樽、曲げわっぱの材料として使われるそうです。

この木は神社の境内にあったものです。

このような天然秋田杉は山にも点在しています。

秋田はまだまだ自然が豊です


FIT杉並会は東京都公園協会の善福寺川緑地サービスセンターと協働で済美山自然林と観察の森の植生の手入れの作業などを行っています

 

その他の活動として下記があります

・荻窪ハーモニーまつり(森のクラフト制作)

・高円寺こどもまつり(森のクラフト制作)

・地域清掃(大宮中学校の行事に参加)

・善福寺川緑地と和田堀公園の自然観察会

 (善福寺川緑地サービスセンター主催)

・地域の小中学校の授業支援

 (杉並環境ネットワーク等と協力)

高円寺こどもまつり

(クラフト制作販売) 

中学生の土曜授業



活動している二つのフィールドです

済美山自然林

 

済美山自然林は善福寺川と荒玉水道道路に挟まれたエリアでかつては妙法寺の社寺林で薪炭林として利用されていました

観察の森

 

観察の森はかつては嵯峨侯爵の邸宅の庭でした



FIT杉並会について

・FIT杉並会は森林インストラクターの資格を有するメンバーが集まって活動しているグループです

・東京都公園協会 善福寺川緑地サービスセンターの登録ボランティア団体です



リンク