活動報告

定例活動 2016年12月

済美山自然林

1.12月の報告
1)12月2日(金) 大宮中学 地域清掃
例年のとおり地域活動の一環として参加しました。12:30に学校に集合し給食のカレーを頂き
14時から荒玉水道道路や済美公園等の落葉清掃を行いました。(参加者は地域全体で419名)
センターからも3名が参加頂き道路の交通安全や落葉溜めへの投棄などに
ご協力ありがとうございました。
振り返りとして
・水道道路の作業は車の通行量が多く危険である(交通整理に限界がある)
・落葉を樹木の根元にまとめるのではなく、落葉プールとしては如何か
について来年に掛けて検討される
2)12月24日(土) 定例活動と忘年会
午後3時に済美山自然林に集合し6名が参加。一面の落葉やヤマユリの枯れ姿が印象的でした。
・生物多様性維持工事の確認と観察を主体に実施(途中、枯損木にコクワガタの越冬を確認)
・杉並環境ネットワーク浅岡様が来訪され来年3月26日(日)に済美山自然林と観察の森で、
すぎなみ環境活動推進センターの講座「身近な森の見方 その4」秋山好則講師が
予定されていると連絡を頂きました。
FIT杉並会でも協力できることがあればと思っています。
観察の森にシラカシの稚樹があるので済美山自然林に移植を試みたい。
午後4時に終了し南阿佐ヶ谷の忘年会会場まで徒歩で善福寺川沿いを移動。
途中にセンターの小泉さんが発見したモクセイ(別名ギンモクセイ)の実を確認しました。
忘年会は8名が参加され今年の振り返りと来年の計画など話し合い楽しく盛り上がりました。
参加者(敬称略):田口、大熊、岩崎、丸山、池田、清水、小泉、宮崎