2020年8月の観察の森と周辺の様子です

写真をクリックすると大きく表示されます

8月の観察の森は酷暑と蚊の猛襲でまったく観察には不向きです。

今年は特にチャドクガほかの危険な幼虫が3種がみつかりました。観察路を歩く分には問題はありませんが、樹木や葉に触らない方が安全です。とくにチャドクガは分かるだけで10本くらいについていました。はやく涼しくなってほしいものです。

和田堀公園内で見られる生き物ほかをお送りします。お見せしたいシーンがある場合を除き、単なる種の紹介は1度の掲載で重複はできるだけ避けるようにしています。以前載せたものも合わせてご覧下さい。

 

2020年7月の観察の森と周辺の様子です

写真をクリックすると大きく表示されます


7月も中旬を過ぎると花ミョウガの季節になります。食用にするのは蕾だそうで、先日も和田堀公園内にあるミョウガの根元に出ているのを発見しました。20ヶほど摘んでもちかえり、早速薬味として食しました。観察の森内にもミョウガが生えていますが、残念ながら花は咲かないようです。次回確認してみます。食べられるものがあるとついつい取りたくなるのは人情でしょうか。



2020年6月の観察の森と周辺の様子です

写真をクリックすると大きく表示されます




今回からチョットした記事を実験的に掲載します。ジャンルその他一切制約はありません。

メンバーからの投稿をお待ちします。